スポンサードリンク

インプラント手術の流れ

インプラント手術の第一段階はカウンセリングです。

歯科医に行き、現在の歯の状態、今後どのようにしてほしいか等を相談します。
そして、インプラント治療についての説明を受け、理解を深めます。


CT検査へ進む





CT検査

インプラント治療を安全、順当に行うために重要なのは、アゴの骨の様子を詳しく調べることです。

レントゲンや口腔内の撮影による綿密な検査、診断を行い、アゴの骨の状態などを調べ、場所や骨量は適切か、インプラントの埋め込み手術が可能かどうかを検査します。
また、必要ならばCTスキャン等の精密検査を行います。




CTとは

コンピューター断層撮影(computer tomography)の略。
X線とコンピューターを使用し、体の断面を輪切りの状態で見ることを可能にする装置です。
断面画像では、体の各臓器の形、サイズ、位置などを確かめることができます。





検査が終わると、初診での診察をもとにし、インプラント治療の方針・手順の説明を受けます。

インフォームドコンセント(十分な説明と理解)が適切に行われてから治療が始まります。




インプラント手術へ進む




インプラント手術

インプラント治療前の処置

まず、歯周病治療やカリエス治療など、残っている歯の治療を行います。

また、骨造成なども行う場合があります。





インプラント手術

ここから手術に入ります。

まず、麻酔剤を投与します。
カウンセリングや検査、診断の結果から、患者さんの体に最適な麻酔が行われます。

麻酔が効いているのを確認し、インプラントを局所麻酔で骨中に埋め込みます。

処置時間は約2時間前後
局所麻酔なので痛みはほとんど感じません



その後、インプラントと骨が結合するまで約6〜24週間待ちます(骨の状態や個人差により異なります)。


結合が確認されると、埋まっているインプラントの先端を出し、人工歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。

これで外科的処置はすべて終了です。



そして、人工歯の型を取り、歯並びや色などを検査しながら人工歯を作成します。


人工歯が完成すれば、いよいよ装着です。


これでインプラント治療の完了です。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。