スポンサードリンク

インプラントとは?

インプラントとは、骨の中に金属などを埋め込むことを指します。また、現在では永久歯が抜けてしまった際の治療方法の一つとしても使われています。


インプラントの治療方法とは、歯の抜け落ちた部分の顎骨に、チタン製のアパットメントという人工歯根をを埋め込み、その上に人口歯を作製する治療方法です。

しっかりと固定されるため、ガタつく事がありません
そのため、自分の歯と同じように気にせず噛むことができる今話題の治療法です。



ではなぜインプラントが注目されているのでしょうか??

その理由の一つは、顎骨に埋め込むチタンにあります。
チタンとは、骨と結合するという特質を持っており、またアレルギー反応を起こしません

そのため、違和感が無く、また従来の『入れ歯』や『ブリッジ』というような治療法には無い安定性が生まれるのです。

他にも、周りの歯を傷つけない見た目がキレイといった特徴を持っています。




インプラント、入れ歯、ブリッジ 長所と短所


インプラント治療費について


インプラント手術の流れ






インプラント治療 可能? 不可能?

インプラントが可能な部位


インプラントは、前歯、奥歯ともに治療が可能です。
人工歯根となるフィクスチャーは、顎の骨に合わせて多数準備されています。
また、歯が抜けてから時間が経過するにつれて歯肉(アゴの骨)が痩せてしまい、インプラントを埋め込む余地がないことがありますが、骨の再生治療を行うことにより、インプラントを埋め込むことが可能になります。




年齢制限


上限

インプラント治療年齢の上限はこれといってありません簡単な手術を受けることができる体力と、インプラントを埋め込むのに必要な骨のスペースさえあれば80代でも治療が可能です。
骨が薄いという場合でも骨造成を行うことによりインプラント治療が可能となります。

骨造成とは??


下限

未成年の方はインプラント治療を行えません
インプラント治療によって治療部分の骨の成長をとめてしまことがあります。
10代は骨の成長が盛な時期ですので、アゴの骨の成長が止まってからインプラント治療を開始することになります。




全身疾患


基本的には、簡単な外科的治療を受診可能な方や麻酔の使用が可能な方であればどなたでもインプラント治療は受けられます

心疾患免疫疾患などの持病をお持ちの方は、外科的治療や麻酔が制限される場合がありますので、かかりつけの病院、医師にインプラント手術が可能かご相談ください。

糖尿病の方も外科的な治療が困難であるといわれていますが、血糖値が安定している方であれば治療を受けられます

また、妊娠中の方はレントゲンやCTを撮影することができないため、ご出産後からの治療となります。


インプラントの治療実績

1965年、スウェーデンの学者のブローネマルク教授が開発したチタン製インプラントが驚くべき成果をあげました。
最初に治療を受けた患者さんは現在も安定した状態で使用されています。
10年以上に渡って機能しているインプラント96%以上。症例としては98.5%です。

この生存率の高さは、骨と結合するという特質をチタンがもっていたからです。



どうして人間の身体にとって異物であるはずの人工材料(チタン製インプラント)が身体に受け入れられ自分の歯のような感覚で使えるようになるのでしょうか?

それは、埋め込まれた人工歯根インプラントが骨と結合するチタン製であるため、アゴの骨と結合して、生きている骨のように取り込まれ、安定した状態になるためです。



インプラント治療の成功率は100%ではありません
治療箇所によって異なりますが、成功率はおよそ97%です。
失敗とは、インプラント骨と結合しないという事です。
これは人間の身体の拒絶反応によるものだと推察されています。
人間の身体は自己防衛のため、異物が体内に侵入した場合に異物を体外に排出しようとします。

その働きがインプラント装着の際に起こると、身体がインプラントを異物だと判断し、骨と結合しなくなります。
では、どのようにすれば異物だと判断されないのでしょうか?
それは、無菌的に処置をすということです。
詳しく言えば、無菌室に近い設備で手術を行う使い捨て器具の使用などです。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。