スポンサードリンク

インプラント手術

インプラント治療前の処置

まず、歯周病治療やカリエス治療など、残っている歯の治療を行います。

また、骨造成なども行う場合があります。





インプラント手術

ここから手術に入ります。

まず、麻酔剤を投与します。
カウンセリングや検査、診断の結果から、患者さんの体に最適な麻酔が行われます。

麻酔が効いているのを確認し、インプラントを局所麻酔で骨中に埋め込みます。

処置時間は約2時間前後
局所麻酔なので痛みはほとんど感じません



その後、インプラントと骨が結合するまで約6〜24週間待ちます(骨の状態や個人差により異なります)。


結合が確認されると、埋まっているインプラントの先端を出し、人工歯を接続するアバットメントという土台を取り付けます。

これで外科的処置はすべて終了です。



そして、人工歯の型を取り、歯並びや色などを検査しながら人工歯を作成します。


人工歯が完成すれば、いよいよ装着です。


これでインプラント治療の完了です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/68192341

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。