スポンサードリンク

骨造成

骨造成とは??


はご自分の歯と同様、骨を支えとして機能するので骨の密度や厚み、幅が足りない場合はインプラントの埋入が難しくなります。
その際に、足りない骨を補う技術がいくつかあり、それを総称して骨造成治療と呼びます。

治療法としては、サイナスリフトソケットリフトGBR等があります。






サイナスリフト法


上アゴの歯槽骨の上にはサイナスという空洞があります。
歯を失うと、その空洞が拡大し、インプラントを埋め込むのに必要な骨の厚みが得られない場合があります。
その場合に、増えてしまった空洞部分の膜を押し上げ、骨補鎮剤を使い骨を作ってからインプラントを埋め込みます。



ソケットリフト法


まずインプラントを埋め込む位置に、ドリルを使用して骨を約1mm残し穴を開けます。
そして、専用の器具(オステオトーム)で槌打し、骨を抜きます。
器具で骨を押し上げ粘膜を拳上し、骨移植材を注入し、最後にインプラントを埋め込み終了です。



GBR法


インプラントが歯槽骨から露出してします場合があります。
こうなるとインプラントが不安定な状態となってしまいます。
その場合には、まずメンブレンという人口膜で覆い、骨を再生させます。
その後、約4〜6ヶ月で骨が再生し、インプラントが安定します。




インプラントとは??
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/67216523

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。