スポンサードリンク

インプラントの治療実績

1965年、スウェーデンの学者のブローネマルク教授が開発したチタン製インプラントが驚くべき成果をあげました。
最初に治療を受けた患者さんは現在も安定した状態で使用されています。
10年以上に渡って機能しているインプラント96%以上。症例としては98.5%です。

この生存率の高さは、骨と結合するという特質をチタンがもっていたからです。



どうして人間の身体にとって異物であるはずの人工材料(チタン製インプラント)が身体に受け入れられ自分の歯のような感覚で使えるようになるのでしょうか?

それは、埋め込まれた人工歯根インプラントが骨と結合するチタン製であるため、アゴの骨と結合して、生きている骨のように取り込まれ、安定した状態になるためです。



インプラント治療の成功率は100%ではありません
治療箇所によって異なりますが、成功率はおよそ97%です。
失敗とは、インプラント骨と結合しないという事です。
これは人間の身体の拒絶反応によるものだと推察されています。
人間の身体は自己防衛のため、異物が体内に侵入した場合に異物を体外に排出しようとします。

その働きがインプラント装着の際に起こると、身体がインプラントを異物だと判断し、骨と結合しなくなります。
では、どのようにすれば異物だと判断されないのでしょうか?
それは、無菌的に処置をすということです。
詳しく言えば、無菌室に近い設備で手術を行う使い捨て器具の使用などです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/66996275

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。